読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわいもない戯言ブログ

日々感じているコト 台湾での出来事 などを中心に書いていきたいと思います。

地球温暖化

僕が小学生の頃から言われている温暖化

その頃から気付いているのに変わらない現実

それはもう諦めるしかないではないか?

 

諦めるというのは現状の生活を維持しながら温暖化を抑えるもしくは改善するというコトを・・・

 

ではどうすればいいのか?

 

現状の生活>地球の温暖化 だからほぼ無理なのである。

しかし、現状の生活よりも良い生活が出来る場所があればどうだろう?

そっちでも生活してもいいかもと思えるのではないだろうか?

 

例えば一生ゲームが出来て、それ以外は何もしなくてもいい。

そんな生活があれば飛びつく人はいくらでもいると思う。

ゲームの中やインターネットの世界だけに生きがいを感じている人がいるのだから・・・

 

そうなってくると課題はどうすればそういう環境を作るというコトになる。

 

 

前の記事にも書いたかもしれないが、脳だけをバックアップして保管しておく技術があるとすれば不可能ではない。

 

 

問題があるとすればお金である。

開発に掛かる費用、メンテナンスの費用などが考えられる。

 

これだけ人工が増えている中、人工を合理的に減らすコトが可能であればなんらかの支援がもらえるかもしれない。

メンテナンスは機械が機械をメンテナンスするコトが可能であれば問題ではなくなる。

 

電気が太陽光発電して、設置を月とか火星とかにすれば確保可能ではないだろうか?

 

果たしてこんな馬鹿げたコト本当にするだろうか?

可能性はゼロではないと思うし、方法も1つしか考えてないわけでもないだろうし。

凡人には理解不可能な領域だから、ただの戯言として話題にするしかない。

考えるのは自由だから・・・