読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわいもない戯言ブログ

日々感じているコト 台湾での出来事 などを中心に書いていきたいと思います。

永遠の命を求めますか?

人類はクズだ……
と言っても過言ではないだろう

人類は地球を滅ぼす、クズだ。
人類は一生に一度はウソをつく、クズだ。
人類は傷付けようとしなくても傷付かせてる、クズだ。

少なくとも僕は自分を含めてそうだと思っている。

 


そんな人間(クズ)の中でも優劣があるのはなぜだろう。
ルックスの違い?経済力の違い?性格の違い?
それもあるだろう。
しかし、僕はこうも思う。

 

 

より完璧に近い人ほど秘密が多い。
そう、知らないコトが多いから良いと感じてしまうのかもしれない。

 

付き合い始めた頃は良かったのにだんだんと仲が悪くなる。最終的には「こんな人のどこがいいのか!」とか思う人多いコトだろう。

それは多分より多くのコトを知ってきたからでもあるだろう。

 

最近では人工知能やICチップを体内へ埋め込み人類はより進化出来ると言われているがそれはどうなのだろうか?

 

例えば言葉を発しなくてもテレパシーで会話をする。コトが出来たとしよう。
つまりは考えてるだけで相手に伝わる。
非常に便利で口下手な人でも相手に自分の考え方を伝えるコトが可能になる。それがフワッとしたものでも、まとまっていなくても相手にそのまま伝えるコトが出来る。

 

しかし、そういうのコトが出来るとなるとウソがつけなくなるのではないだろうか?
ウソでなくても隠し事が出来なくなるのはほとんどの人が不便になるコトだろう。

ウソ=悪
と思っている人はこの世から悪がなくなる。とでも思うだろうか?
やましいコトがあるから隠す、ウソをついて欺く。

しかし、そんなコトでは簡単に人間不信となってしまう。

 

 

なぜなら、冒頭でも言ってあるが人は必ずウソをつく。
そして秘密の多い方がより完璧に見える。

 

もしあなたが周りの人が信じられなくなったら時、肉体を捨て、脳だけバックアップして永遠に生きていられる。
自分の肌の色、性別、何もかもが自由で永遠に生きていられる(もしくはそう感じる)パラレルワールドがあると知ったらあなたは行きますか?

 

現在地球には70億人以上の人口がいて、それが大きな問題になっているのは有名なコトです。

 

如何に反対されずに人口を減らすか?
という課題の答えがこのパラレルワールドという予測をしている。
(脳だけが生きるパラレルワールドの開発が実在する。という前提ではあるが、可能性は高いだろう。)

あなたは肉体を捨て、永遠の命を求めますか?