読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわいもない戯言ブログ

日々感じているコト 台湾での出来事 などを中心に書いていきたいと思います。

茶色

茶色という由来を考えてみた。
台湾では茶色のコトを「咖啡色」という
コーヒー色…確かにコーヒーは黒っぽいけど茶色だと思う。
だって白いミルクをいれると茶色になるから。
だって黒だったら灰色になるはずでしょ?

 

つまりは茶色は日本特有な呼び方と考えてもいいのではないか?


しかし、日本のお茶は基本的に緑茶である。
茶っ葉も緑だし、お茶そのものも緑である。
ではなぜ茶色なのだろうか?

 

お茶で茶色に近いものとなると烏龍茶、プーアル茶が考えられる。
というコトは日本のお茶は中国から来たお茶しかなかった。という予測が出来る。

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

人類は創られた!?

今日とても衝撃的な憶測を聞いてしまった。

それは「人類が猿から進化したというのはウソで、実は創られたのだ」というコト

えっ!?またまたぁ〜と思う人が多いだろう。実際僕もそう思った。

しかし、よくよく考えて見た。
猿が1億年かけて人類に進化したなら、なぜいまだに猿が存在しているのだろう?

その人は言うのだ。
聖書は人類の設計図なのだ。聖書を理解するコトでなぜ人類が創られたのかがわかるのだ。

なぜかそうかもしれないと思ってしまったのは僕だけだろうか?

始めよう

何かを始めるのは意外と簡単だと思う。

例えばダイエット
ネットや友達から聞いた内容で軽い気持ちで始めるコトが可能だ

しかし、何事も継続するのが難しいし、大切なのだ。

ではどうすれば継続出来るのか?


人それぞれ根気や忍耐力に差があるから一概には言えないが大概は同じはずだ。

まずは同じ目標を持ってる存在が必要である。
いわゆる好敵手(ライバル)である。
しかし、ライバルとの実力に差がありすぎると弱い方が諦めてしまうし、強い方も張り合いを感じられずどちらもやめてしまう。
実力は同じくらいがいいだろう。
もしくは同じ目標を持った仲間でもありだろう。
どちらの方がよりヤル気が出せるか。が大事なのだ。


次に狙っている異性がいるコト
男女どちらも基本的に異性から良く見られたいものだ。
もし結婚してたり、長年付き合ってる恋人がいる場合は相手を知りすぎているのでヤル気は半減してしまう。
可能であればそれ以外の方が効果的だ。
(浮気をしろと言ってるわけではない。あくまで目的意識だ。)

そして大前提として、自分の実力を客観的に分析しているコト
例えば自分はどのくらい太っているのか再認識するコトや勝てると思っている相手と戦って負けるなどでいい。
まずは自分の現状がはっきりわかっていないと目標も定まらないし、このままでいいかという考えになってしまう。

60歳になってからブレイクダンスを始めたおじいちゃんだっている。
何をするにしても「遅い」はない!
始めるのは簡単なさだから、早速始めよう。
そして、出来る限り継続していこう!

信用

信じる人は救われる。

誰が言ったのだろうか?宗教がらみだったか?

全くもってバカげてる。

 

あなたは信用出来る友達が何人いますか?

そもそも信用とはどんな心境なのか考えてみてから、再度同じ質問をしてみます。

 

仮に自分の全財産を現金にして、その人に手渡しする。もしくは貸してあげる。借用書なんかも無しに……

信用しているのならば問題ないはず。さて何人になりましたか?少なからずハードルが上がったので少なくなったはずです。

 

信じるというコトは相手を理解するコトを諦めてるとも言える。

相手をより疑うコトで相手を理解してあげるというコトも可能かもしれない。

 

そもそも相手を信じて得するコトってなんだろう?

余計なコトを考えなくてもいい。というくらいか?

自分がラクしたいだけ?って思ってしまうね。

 

そんなに簡単に相手を信じないで下さい。

でも、精一杯疑ってからはちゃんと信じてあげて下さい。

それが本当の信頼や信用になると思います。

 

始まりがあるから、終わりがある。(恋愛編)

光があるから、影が出来る。

嬉しさや楽しさがあるから、悲しみや辛さを感じるコトが出来る。

そして、始まりがあるから、終わりがある。

 

このように逆の存在はお互いが存在するコトで認識出来るのだと思う。

 

恋の終わりはとても悲しい。

でもそれは、始まりや過程が楽しかったから感じるのではないだろうか?

確かに100%ではないと思いますが、別れる時に悲しいと感じるのであれば、楽しかったはずです。

 

もし別れ際に「なんでこんな奴と付き合ったんだろう」とか愚痴ってて怒りすら感じる人は自分の大切な時間を浪費してしまったからではないだろうか?

 

こういった悲しみを感じたくない。って人はそもそも始まらなければいいのでは?

だってそうすれば始まりがないのだから、終わりもないはず。

 

でも、それが出来ないってコトは始まりや過程が終わりの悲しみよりも上だからなのではないでしょうか?

つまり、恋の始まりと過程は怖がらず精一杯Enjoyしましょう!!

喜怒哀楽の怒

人間には感情というものが存在する。
今日はその中の怒についてお話ししたいと思います。

自分は結構長い時間並んでいたのに前に割り込みされた時どう思いますか?
少なからず不快に思う人が多いと思います。
これも怒りの一つだと言えます。

なぜそのような感情になってしまうのか?

並ぶのが常識だから?それもあるかもしれません。
でも完全ではないと思います。

人間は自分が譲れないものを干渉もしくは侵された時そういった感情が湧いてしまう。と僕は考えています。

別の例えで再度説明してみましょう。

自分がコツコツ貯めたお金や大事なものを盗まれたり、破壊された時、これもやっぱり怒りますよね?
ここにも同じく譲れないものが存在します。

恋人でも兄弟でも友達でもいいのですが、ケンカをしたとしましょう。
ここでも自分の信念や考え方が譲れないからケンカインあってしまうのではないでしょうか?

では、その譲れないものに気付いた時それが果たしてどれだけ重要なものか冷静になって考えてみましょう。
本当に冷静に客観的にですよ?
それでも譲れない時は仕方がありません。とことん戦いましょう。

でもそうするコトによって日々の怒りは確実に減っていっていると思います。
楽しい日々を過ごして、楽しいコトが多い人生にしましょう。

飛行機での豆知識?

飛行機の中ってとても不便

離陸と着陸は座ってシートベルトしなきゃいけない。食事も飲み物も決められた時にしか来ない。
とても不自由だ

飛行機って乾燥してるからとても喉が乾くので水は自販機や売店で買いましょう。
もちろんCAさんに言えばもらえますが、少ない人数で大勢の客を相手しなければならないのでなかなかサービスを受けれないコトも頻繁にある。特にフライト時間が短ければ特にである。
自分で用意出来るものは自分で用意するに限る。

一昔前までは離着陸は電子機器一切使用してはいけなかったが、最近てまはフライトモードを搭載している機器は平気になっている。
(そもそもフライトモードって買いてるくらいだからもっと早く解放してほしかったよね?)

これで安心してスマホやタブレットが使えるね!
でもやっぱり心配なのは電池

一杯モバイルバッテリー持ってかなきゃ!
って言ってもダメなんだよね。
国によっては持てるモバイルバッテリーの数が限られたりもしてる。
それにフライト中はモバイルバッテリーの使用を禁じている。

新しい飛行機の機種だとUSB充電機能の付いたのもあるからそこは運次第だね。
でもやっぱり事前充電するのに限るね。


自分の席の上が荷物一杯!
他の場所に置くなら出来るだけ自分の席より前に置くコト
そんなに遠くなければ見えるし、着陸後後ろに行くのは苦労するけど前に行くのはドアが開けば自然と行ける。

コーラやスプライトの缶ドリンクはそのまま貰える。でもちゃんと言わないとコップ一杯だけ
上にも書いたけどCAさんは忙しいので事前に貰って置く方がいい。